>  業務ご案内  /  フラット35

フラット35

住宅金融支援機構の証券化支援事業を活用した民間金融機関の長期固定金利住宅ローン商品(フラット35等)をご利用される場合には、利用者が建築、又は購入される住宅が住宅金融支援機構の定める技術基準に適合していることを証明する適合証明書が必要となります。

当社では、設計検査、現場検査及び適合証明書発行業務を行います。

 

1. 業務区域

日本全国

2. 業務対象

  • 新築住宅(一戸建て等、共同建て)
  • 中古住宅(一戸建て等、共同建て)
  • 賃貸住宅

3. 業務の方法

適合証明業務規程及び適合証明業務約款をご覧ください。

4. 手数料

適合証明業務手数料表をご覧ください。

 

5. 申請書式

物件検査申請書式は住宅金融支援機構のWebサイトからダウンロードできます。

6. 業務を行う事務所

東京本社確認検査本部 東京都中央区京橋2-8-7読売八重洲ビル
大阪本店確認検査本部 大阪市中央区北浜3-7-12京阪御堂筋ビル
九州支店確認検査部 長崎市元船町14-10橋本商会ビル
阪神支店確認検査部 西宮市今在家町3-6西宮ingビル
東北支店確認検査部 仙台市青葉区中央1-6-23鹿島ビル

7. 手続きの流れ

一般的な物件検査の主な流れは、以下のとおりです。
詳しくは、住宅金融支援機構のWebサイトをご覧ください。

  • 設計検査申請
  • 工事着工
  • 中間現場検査申請
    (一戸建て等のみ)
  • 工事竣工
  • 竣工現場検査申請
  • 適合証明書交付